光マッハとNURO光を徹底比較!どっちがお得?

光マッハとは一体どのようなサービスか気になっていませんか?

NURO光のOEMサービスである光マッハですが、本家のNURO光とは様々な部分で違いがあります。

このページでは、光マッハとNURO光のサービス内容を比較したうで、『お得度が高いのどっち?』という疑問を解消していきます。

光マッハやNURO光への乗り換えを検討されている方、キャンペーン情報を入手したい方はぜひご覧ください。

光マッハはNURO光を流用!提供エリアは同じ

NURO光はSo-netが提供する光回線であり、光マッハはこのNURO光の回線を使用してサービスを提供しています。

そのため、光マッハに対応しているエリアはNURO光の提供エリアと同じになります。

 

  • 北海道
  • 関東…茨城県、群馬県、千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、栃木県
  • 東海…愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
  • 関西…大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県
  • 九州…福岡県、佐賀県の一部

 

また光マッハの加入対象となる住居は戸建住宅、もしくは7階建て以下の集合住宅となります。

戸建・集合と料金の区別はなく、加入対象となっていれば次の料金プランの中から1つを選択することが可能です。

なお、NURO光の詳しい提供エリアについては『NURO光エリア確認ナビ』をご覧ください。

光マッハの4つの料金プラン

NURO光の回線を流用している光マッハですが、基本料金プランが4つあります。

■光マッハ基本料金プラン(金額は全て税抜)
光マッハプラン
(2年自動更新)
光マッハプラン
(自動更新無し)
光マッハプラス
(3年自動更新)
光マッハプラス
(自動更新無し)
月額料金 4,720円 6,053円 4,980円 5,780円
基本工事費 40,000円
(実質無料)
40,000円
(30ヶ月の分割)
40,000円
(実質無料)
40,000円
(50ヶ月の分割)
契約事務手数料 3,000円
契約期間 2年間
(自動更新あり)
無し 3年間
(自動更新あり)
無し
契約解除料 30,000円 無し 30,000円 無し
撤去工事費 10,000円 20,000円
セキュリティソフト 無し
(別途:500円/月)
あり
(カスペルスキー)

月額料金の内訳は回線利用料とプロバイダ料、無線LANレンタル料となっています。(自動更新無しの場合は工事費分割料金が含まれます。)

また、光マッハプランでセキュリティソフトを使用する際には有料オプション(月額500円)の加入が必要となりますが、光マッハプラスプランでは基本料金内に含まれています。

そのため、セキュリティソフトを含めた金額では光マッハプラスがお得と言えるでしょう。

ただ、契約解除料や撤去工事費を考えると、長期で利用予定がない場合はあまりお得とは言えない為、注意が必要です。

光マッハにキャンペーンはある?

光マッハでは光マッハプラン(2年自動更新)と光マッハプラスプラン(3年自動更新)で工事費実質無料キャンペーンを実施しています。

2年自動更新の場合は基本工事費40,000円を30ヶ月間(※3年自動更新の場合は50ヶ月分)で分割した料金、1,333円の支払いが毎月必要となりますが、同額の割引が毎月適用されます。

つまり、決められた期間を使いきることで工事が実質無料となるので、工事費をかけたくない方は契約自動更新プランがおすすめでしょう。

ただ、光回線の乗り換えでよくある現金キャッシュバックゲーム機プレゼントなど、直接的な特典が受取れるキャンペーンは行っていません。

有料オプションになりますが、光マッハ独自の展開として「住宅便利サービス」があります。

住宅便利サービスは月額500円で浴室やエアコンの清掃など、25,000円までのハウスクリーニング作業費が年1回無料となるサービスです。

NRUO光と同じ設備を利用している光マッハは、NURO光と何が違うのでしょうか。

ここでは、3つのポイントに絞って光マッハとNURO光の違いを比較していきます。

1.回線速度

名称はNURO光ではなく光マッハとなっていますが、提供元はNURO光と同じSo-netです。

そのため、光マッハだからといって回線速度が落ちるということはなく、最大2Gbpsの高速通信を楽しめます。

もちろん、利用環境によって速度に個人差は生じますが、2社による速度の差はそれほど影響ないと考えて良いでしょう。

2.月額料金とオプション

光マッハの基本料金は光マッハプラン(2年自動更新)で4,720円、NURO光の基本料金(NURO 光 G2 Vコース)は4,743円です。

それぞれの月額料金の差は23円で、光マッハを契約した方が月々の料金は若干お安くなります。

しかし光マッハプラン(2年自動更新)にはセキュリティサービスがなく、使用する場合は有料オプション(月500円)の加入が必要です。

NURO光G2Vコースであれば回線使用料、プロバイダ料、無線LAN使用料、セキュリティ(カスペルスキー)が全てセットで4,743円となります。

そのため、基本料金に含まれているサービスを考慮するとNURO光がお得と言えるでしょう。

3.キャンペーン

光マッハが実施しているキャンペーンは40,000円の工事費を実質無料にするものです。

一方、NURO光はどんな申込み窓口でも光マッハと同じく40,000円の工事費が実質無料となり、So-netが運営する 特設ページ から申し込むことで45,000円の追加キャッシュバックが受取れます。

それぞれのキャンペーンの還元金額を総額した場合、お得度ではNURO光が圧倒的です。

今後は光マッハでもキャンペーンが実施されることがあるかも知れませんが、現状でキャンペーンを重視する場合はではNURO光がおすすめです。

なお、NURO光のキャンペーンはSo-net特設ページ以外にも代理店などで実施されていますが、窓口によってはキャッシュバックに厳しい条件を設けている窓口があります。

厄介な条件が無く、高額なキャンペーンを実施している窓口に関しては別記事『【厳選】NURO光キャンペーン比較』をご覧ください。

4.解約金

NURO光を契約した場合、必ず2年間の契約期間が発生します。

別記事『NURO光の解約について』でも解説していますが、契約期間は2年毎の自動更新となり、契約期間内に解約した場合は9,500円の契約解除料が掛かってしまいます。

一方、光マッハでは2年間(※光マッハプラスは3年)の契約期間付きのプランと、契約期間なしのプランが存在しますが、ほとんどの方が月額料金の安い契約期間付きのプランを選ぶでしょう。

契約期間付きのプランを選択した場合、途中解約の際に30,000円の契約解除料が発生するため、NURO光に比較するとかなり高額です。

解約時の負担を考えると、光マッハは多少ハードルが高く感じられます。

結論

URO光のOEMサービス、光マッハについてご紹介しました。

最後にポイントをまとめておきます。

  1. 光マッハはNURO光の回線を使用しているため、最大2Gbpsの高速通信が可能で提供エリアもNURO光と同じ。
  2. セキュリティソフトをお持ちでとにかく月額料金を安くしたい方は光マッハプラン(2年自動更新)もあり。
  3. キャッシュバックキャンペーンを受け取りたい方はSo-net公式サイトでの申し込みがおすすめ。

月額料金に対してかなりのこだわりをお持ちの方以外は光マッハではなくNURO光を検討されてみてはいかがでしょうか?